いろんな人から聴いた情報を集めたブログ

司馬やんネット

体験記

純粋にあり続けること

投稿日:

Pocket

⚫️以外な奥さん (゚∇゚ ;)エッ!?

いつまでも、純粋に在り続けることができれば年齢など関係ないのかもしれない。

そう感じさせてくれるお客様がいる。70歳を少し越えたくらいのご婦人だ。ロマンスグレーでウエーブが掛かった髪をしてメガネを掛けておられるので、ちょっと、上品な感じの方だ。

娘さんが一人いて、このご夫婦と同居している。総合病院の医療事務をしているということだ。また、1匹 コータロー君という雑種の中型犬が一緒に住んでいる。 10年くらいは一緒にいるので老犬である。

実は、このご婦人”矢沢永吉"の大ファンで、今でも、”永ちゃん”の追っ掛け
やっている!

w(゚o゚)w オオー!

東京や名古屋などチケットを手に入れたらどこでも飛んで行くし、”永ちゃんグッズ”は腐るほどあり、いちいち吾輩に見せてくれるのだ。

とにかく、”永ちゃん”の話をしはじめると、たとえ虫のいどころが悪いときも、乙女のように美しくなり、目瞳が爛々と輝き始めるので、半端じゃないことが誰にでもわかるはずだ。

「私が棺桶に入る時は、必ず”永ちゃん”のバスタオルを一緒に入れて欲しいと娘に遺言を頼んでいる」と言っていた。母親の影響か?とにかく娘さんも親に負けないくらいの”永ちゃん”ゾッコンだから、筋金入りだと思う。

⚫️これが大切お客さん---!

先日、玄関先でお話ししていると、「今日は友達が遊びに来る!だから、ゆっくりしておられないんだ!」とおっしゃる。わたしは、てっきり近所のご婦人が遊びに来るとばかり思っていた。

E21FDB28-92E0-49F7-807D-154C9EBAFEA0

すると、どうだろう!しばらくすると、サイドカーを付けた1000cc以上のハーレーダビットソンがやって来たのだ。

白いヘルメットを被り黒いトンボのようなサングラスを掛け、真っ黒な皮ジャンを身にまとった40歳〜50歳くらいの男性が乗っていた。

実は、この男性、お客様とは20年以上のお付き合いがあるらしい。この男性も大の”永ちゃん”ファンだということは、すぐに分かった。

何でも飯塚に住む事業家の一人息子さんらしいが、いつも、高級なメロンやイチゴなどを土産に持って来てくれるというから、如何に深い繋がりがあるかが分かる。

また、一人のミュージシャンの影響が、こんな形で人と人の繋がりを作っていることに対して音楽の影響が、こんなに偉大なものかと驚かされた。

このように、時々会っては、情報を交換し合って気持ちを高め合っているというから、なるほど、これなら、いつまでも若いはずだと思った。

なぜなら、「いつも心がときめいているから!」「いつも夢を膨らませることが出来るから!」そして、「いつも情熱というものを燃やし続けることが出来るから!」

⚫️まとめ☆☆☆----!

人間は生きる目標を見失った時、老け始めるということを聞いたことがある。誰しも、若い時は、小さな胸をときめかせながら、未来を夢見て生きて来たはずだ!

でも、いつしか現実というものを突き付けられ失望というものを覚える。そのうち心も擦れて来て、いつしか夢見ることを諦めてしまうものだ。

でも、音楽の世界には”束縛”するものは何もない。いつも自由で追い続ける夢は果てし無く続く。

だから、みんなが心を通わせる力があり、”真の団結感”を作り出してくれるのかもしれない。

この親子やこの年齢の離れた異性の友達のように。゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

-体験記

Copyright© 司馬やんネット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.