いろんな人から聴いた情報を集めたブログ

司馬やんネット

景観

蛍の時期に1番沢山観れる場所‼︎ 『山口・福岡』 地域 では何処⁇

更新日:

Pocket

この辺りで蛍が沢山観れる時期

 

夏の風物詩と言えばホタルの乱舞ですが、最近は、短かではあまり見れなくなったと思いませんか?

 

少し前までは小川の綺麗なところだったら、よく飛んでましたものね!

 

でも、ちょっと足を伸ばせば実は手の届く距離で源氏ボタルが数え切れないほど沢山観れる場所があるんですよ−−−。

 

 

下関市豊田町の源氏ボタルはご存知でしょうか?まず、北九州市くらいだったら、1時間半くらいで行けるのは以外と近くと思いませんか?

 

 

スポンサーリンク

そこは、大体6月上旬から中旬くらいが一番のオススメ時期です!

 

ちょっと気持ちが落ち込んでいるとき、ストレスや嫌なことがあってカリカリしているときは、ぜひ気分転換に尋ねて見て下さい!

 

きっと癒されること間違いなしです。

(╹◡╹)

 

 

「動画を見ても一目瞭然ですから---。」

「いかがですか?」

 

一応これは下関市広報戦略課と言うところが作ったプロモーション動画です。

 

この豊田町では予約すれば川下りをしながら船上から木屋川の「源氏ほたる」を眺めながら楽しめるホタル舟を運航しているそうです!

 

 

 

■運航期間:毎年6月上旬〜下旬くらいまで

■運航場所:木屋川流域(中畑より殿敷大井堰)

日本初のホタル舟というのは、今のところ 下関市豊田町観光協会でしかやってないようですね⁉︎

 

蛍スポットを独自で見つけるためには

 

ところで、そこまで行かなくても、短かで観れるところはないか⁇と考えているんでしたら---。次の条件を満たしているのでところを探して見てもいいかも?

 

ホタルを探す条件とは⁈
❶清流の周辺を探してみる。
❷街灯や車はよく通るところでは駄目。
❸大体、夜20℃くらいで風邪がない晴れた日。
❹時間帯は、19:30〜21:00くらいまで。

 

まず、ゲンジボタルの幼虫は清流の流れのゆるいところでカワニナという巻き貝を餌に成長していくそうす。その後、川から上がり川岸の土で蛹、そして成虫へと成長します!ƪ(˘⌣˘)ʃ

 

つまり、ゲンジボタルを見るには餌のカワニナがいそうな清流の周辺を探してやるのがいいかも⁈

⇨うちの近所にも飛んでいました。詳しくはこちらへ

また、ホタルはその光で求愛しているので、その光をかき消してしまうような街灯や車のライトのキツイところでは見ることができませんよ!

(^∇^)

 

もちろん、生息している地域にもよりますが、早いところで5月中旬くらいから遅いところでは7月後半くらいまで見ることができるようです。

 

だいたい20度くらいが目安のようですね。また、天気にも影響されやすく、雨天や風の強い日などはあまりたくさん飛びませんので、気をつけて---。

 

ゲンジボタルは日が暮れだすと少しづつ光りはじめますよ---。

この時期だと日没がだいぶ遅くなっていますので、だいたい19時30分くらいを目安にされるといいのでは?

 

その後20時ごろをピークに21時をまわると少しづつその数が減っていきます。

そしてそして、再び23時ごろから光はじめ24時くらいまで光っています。その後午前2時〜3時ごろも光るようですね!

 

 

「豊田ほたる」を見るには、いつ頃が一番いい⁉︎

 

わたしの知人に「ホタルの写真」を撮るために毎年、一ノ俣温泉近くの木屋川まで通っている人がいます。

 

行く度に その年の写真を見せて貰うのですが、やはり行く日の条件によって被写体の写り具合が全く違うと言ってましたね。

 

もちろん“ホタルの数”も全く違うそうですが、確かそうかもしれません。やはり、こればかりは当たりハズレがあるのはあるのはその日の運まかせ---。

 

ただ長年の経験から木屋川の源氏ボタルが比較的に一番沢山出る時期は6月の第1週から第2週までがいいそうです!

 

この時期を逃すと、どうしても数は減って活発な乱舞は期待できないとか---?

 

もちろんマイカーで行き、個人的にホタルがいそうなのところを散策するのも楽しいし、バスツアーなどもやっているようなのでそちらに申し込んで参加されてもいいと思います。

 

また、もし、「ホタル舟」に乗船したいのであれば、5月中旬くらいから予約してしておいた方がいいかもしれませんよ!

スポンサーリンク

「ホタル舟」:問い合わせ先

開催日時 ;毎年6月上旬〜下旬くらい

乗船時間:20時15分/20時45分/21時15分

(最終受付は乗船時間の45分前まで)

※要予約

※荒天中止

※救命胴衣着用

集合場所:蛍街道西の市 GoogleMAP

山口県下関市豊田町大字中村876-4 

問合せ:豊田町観光協会

TEL:083-766-0031

 

まとめ−−−

 

以前は、蛍を見るためにクルマで移動してわざわざ長距離を移動して行かなくてても、少し田舎に行けば、どこでも飛んでいましたよね!いや、実はわたしの近所では、つい最近まで本当に蛍が飛んでいたんです。

歩いて5分もかからない距離ですよ!志井川という小さな清流なんですけど、まさかこんな近所にいるとは思っていなかったもので−−−。

子供たちが小さい頃は、それこそちょっと離れた山間部までホタルを見に連れて行ったこともあるんです‼︎

 

実は自宅の近所に駐車場があって、夜帰宅した時に、チラっとと目に入ったんですね!

「まさか⁈」とは思ったんですが、ちょっと、足を運んでみると“居るは‼︎居るは⁉︎”、ちょっとびっくりしましたね。

 

ところ残念ながら、その川の前に今年、マンションが建つようになったんです。当然、ホタルの居場所がなくなるのは目に見えてますから、とても残念です!

多分、こういう問題はわたしの身の周りの出来事だけではないと思いますね!なんとかならないものでしょうか−−−⁉︎

-景観

Copyright© 司馬やんネット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.