いろんな人から聴いた情報を集めたブログ

司馬やんネット

健康

肌の若さを保つ女性の救世主とは⁉️

更新日:

Pocket

🔴たまに、見かけませんか?身近にいる美魔女⁉︎

今の仕事は営業で、20年以上つづきているが大概のお客様は、女性が大半です。

もちろん皆さんは少しずつ年齢を重ねているので、外見にも変化が見られるのは当然ですが、たまに何人かの奥様は、昔とほとんど変わらない端正な顔立ちの方を見かけます。

別にエステとか行っているセレブな奥様ではないのに、どう見ても30代にしか見えないんですよ!

しかも、大きな子供さんが3人もいらっしゃるんですから驚きです!

まさに今、話題の美魔女といったところでしょうか?

多分、年齢的には40〜50歳前半でしょうが、そこはわたしの推測に過ぎませんけど---。

では、どうして、この奥様のように、いつまでも若さを保てる女性がいるのでしょうか?

ちょっと興味が湧きませんか?もちろん日頃のケアも大切ですが、やはり「一番の下地クリームは食生活ではないか?」と思うのです!

🔴スーパーイソフラボンってなに?

女性ホルモンは、女性の美しさを引き出す美容液のような存在です。

しかし、女性ホルモンの量は生涯を通して変化して、40代ころから低下していくそうです。

では、いつまで綺麗で若々しさを保つためにはどうしたらいいのでしょうか?

女性ホルモンを増やすためには、女性ホルモンと似た働きをする成分や女性ホルモンの分泌を促す食材を摂取することです。

その代表的なものに、大豆に含まれる大豆イソフラボンがあります。

そのため、日頃の食事で意識的に大豆イソフラボンを摂取している女性も多いことかと思いますが、イソフラボン を「エクオール」という成分に変換するエクオール産生菌を持っていないと、イソフラボンの恩恵を十分に得られないというのです。

この菌を持っていない人は、ダイゼイン(大豆イソフラボンの一種)のまま体内に吸収されますが、エクオール産生菌を持っている人は、ダイゼインがエサとなり、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持つエクオールを生成するらしいのです。

エクオールはスーパーイソフラボンと呼ばれ、肌のハリを保つコラーゲンを増加させてシワの改善や顔のほてり、骨密度の低下といった更年期症状緩和などの働きをしてくれるというのです。

女性の新たな救世主として現れたエクオールは、多くの女性の周りでひときわ輝きを放つ美魔女の秘訣だったのかも知れませんね。

エクオールを作れる腸内環境になるためには、普段から大豆製品の摂取や腸内環境の正常化、生活習慣の見直しが必要なようです。

また、エクオール産生菌を保有していても大豆食品をしっかりと摂取しないと、その存在が生かしきれません。

尿検査でもエクオールがつくり出せるかどうかをチェックすることができるため、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

🔴まとめーーー!

よく、内臓が健康な人は、容姿も端正ということを聞いたことが
あります。

健康的な美しさほど魅力的なことはないからです。どんなにお化粧で装ったとしても思春期の少女の健康的なモチ肌にはかないませんものね。

でも、すべての美しさの元は腸内から吸収される食べ物です。

特に大豆製品は極力取るように心がけるのと、そうでないのでは、年齢と共に大きな差が生まれてくるのではないでしょうか?

 

-健康

Copyright© 司馬やんネット , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.